中国嵩山少林寺第三十四代最高師範・秦 西平が少林寺総本山の門外不出の気功法を伝授します!東京・新宿にて気功教室・武術教室・気功施術を提供しております!

会長からのご挨拶

  • HOME »
  • 会長からのご挨拶

P5250006

 

嵩山少林寺第34代最高師範 秦 西平  (釋 延平

 

IMG_1368 副本副本

中国嵩山少林寺第34代継承者最高師範 (法号:釋 延平)
全日本少林寺気功協会会長/主任中医師
東洋医学博士/中國嵩山少林寺気功研究総会全権代表 /東京大学元客員研究員 /西安体育大学客員教授 /中国宝鷄市人民医院副主任中医師(助教授)/少林鵝坡武術専修院特別顧問

私は、自分が信じて行じてきた本物の少林寺気功の健康修練方法を、日本の皆さんに伝えたいと思い、今日まで多くの方たちの力を借りて実践してまいりました。そしてこれからも、少林寺気功の素晴らしい効果を広く伝え、一人でも多くの皆さんの心と身体の健康に寄与できればと願っています。

現代は、世界的に人が住みにくい環境になっています。特に日本は高齢化がかつてないスピードで進み、健康な身体と健康な心を養うことは、大変重要な問題と言えます。私が東京大学の研究員として来日した時、日本は気功ブームでした。しかし、私からみればこのブームは表面的なもので、本来嵩山少林寺で伝えられてきたような、気功の最も大切な修行の目的や真意は伝わっていない、と感じました。また本当にそれを伝えられる人は少ないと思いました。
ここにこそ「全日本少林寺気功協会」設立の目的があります。技術的な面においても、嵩山少林寺で直伝され、私が二十数年間の修行で培った技術が、日本の皆さんにも必ず役に立つことが出来ると信じています。

私と少林寺との出会いは、1974年にさかのぼります。私の幼少年時代は、10歳の頃までは身体が弱く、強い身体と心をつくる必要がありました。ある日、私の育った中国内陸の町、宝鶏市で嵩山少林寺の釋永開大師との運命的な出会いがあり、私は少林寺の在家弟子となることを許されました。少林寺の修行の中で、心と肉体を鍛えつつ、精神と肉体だけでなく身体の内と外とをつなぐ「気功」を修練していきました。さらに、健康な身体と健康な心が一つになることこそ、人生の幸せにおける基本条件だと理解していきました。

私にこうした信念をもたらした少林寺の修練方法は、少林寺歴代の高僧たちに蓄積され、門外不出の状態で一般の修練者には想像を絶する高レベルに保たれていました。そして、実際にこの環境に身を置くことによって、これは中国だけでなく、全人類の財産といっても過言ではないほど貴重なものだと思っています。

来日して25年、いつしかこんなにも多くの、私の気功や武術の教室の生徒さん達を通して日本の皆さんに中国気功の効果を感じていただけるようになり、これまで私を支えて下さったすべての皆さんに心から感謝しています。
多謝。

秦西平経歴

1968年~ 少林寺武術気功を始める。中国陝西省宝鶏市にて。
1974年 中国嵩山少林寺に入門。第33代最高師範、釋永開に師事。少林寺武術、少林寺気功、少林寺禅、少林寺医療などを全面的に学び、修行した。

1978年1月 文化大革命の影響で中国では十年ぶりに大学入試が行われ、1万人に一人の合格率で西安理工大学に合格。

1980年 嵩山少林寺で第34代最高師範に推挙された。

1982年1月 西安理工大学を卒業。

1982年2月 公立陝西省宝鶏市熱処理研究所に勤務。8月から課長。

1986年 沢山の技術改造、技術賞、学術論文により、
国家資格工程師、また宝鶏市熱処理学会の副会長になった。

1989年9月~1990年9月 中国全国会社社長、技術長からの中国応用技術訪日団の団長として来日。科学技術研修で人民日報と日刊工業新聞から取材を受けた。

1993年1月 中国政府より教授クラスの高級工程師を認定。

1993年10月~1996年 中国科学技術教育リーダーの育成のために、日中政府契約により、中国政府派遣教授クラス研究員に選ばれ、東京大学工学部材料学科(5号館)にて客員研究員として研究した。

1994年 全日本少林寺気功協会を成立した。少林寺気功、武術、禅の教室、治療を始めた。

1998年 第一回少林寺気功武術大会で、世田谷で行う日本ウェルネス専門学校特別教授、学部長に任命。

1999年~ テレビに出演。2000回以上。特にCS日本健康番組で毎日朝晩30分ずつ、連続7年間放送。専門雑誌、新聞などにも多々記載。

2000年~ 五冊の本を出版。特に少林寺気功理論は日本明治大学、昭和大学の名誉教授、心理学者の渡辺先生から日本のこの分野でのいくつかの空白を埋めたと評価された。

2000年 世界で初めての気功麻酔抜歯に成功し、同年に日本東洋医学学科大会で論文発表をして大評判。

2001年 アメリカの最高医学団体、全米審美歯科医学会で論文発表し、演武した。東洋の「魔法の手」と呼ばれ、またNYで2001年4月中国西安体育大学より客員教授を座をいただいた。

2002年 アメリカラスベガスでの全米審美歯科医学会で、アジア人では初めての大会講演、演武の依頼を受けた。

2004年 中国河南省鄭州で第一回世界伝統武術大会で、日本代表として論文で金賞受賞。弟子たちは金メダル7個、銀メダル14個、銅メダル14個獲得。

2005年8月 第十回全米気功協会大会にて論文、演武を発表した。

2005年11月 アメリカ、サンフランシスコでの第八回世界気功大会で世界NO.1の最優秀気功師として選ばれた。論文、演武を発表した。議会として参加。

2006年8月 中国北京世界医学気功大会で論文を発表して理事になった。

2006年9月 中国上海中医大会での国際気功フォーラムで二つの論文を発表して、優秀論文賞受賞。

2006年10月 タイ、バンコクで第五回国際気功科学学会で論文、演武を発表した。優秀論文賞、優秀気功師賞、優秀気功賞受賞。常務理事になった。

2006年11月 アメリカ、ロサンゼルスで第九回世界気功大会で論文発表と外気パフォーマンスをして大好評だった。

2007年10月 東京で世界最大規模の世界気功フォーラムを主催した。カリフォルニア大学元副学長のリンシン教授、北京中医薬大学気功博士指導教官の劉天君、東京大学名誉教授、日本代替医療会長の渥美先生、日本ホリスティック医学会長の帯津良一先生、日本国際和合医療会長の寺川国秀先生、アメリカ世界気功協会会長のDr.Chowと秦西平7人で気功シンポジウムをした。その大会で論文発表100回、演武100回、ワークショップは60回した。論文集も印刷した。この会を開催した功績を認められて、国連平和賞を受賞する

2010年10月 世界気功フォーラム2010は東京で主催した。室内に2500人が集まり、世界最大規模だった。
世界の人々へむけての健康促進活動を認められて
オバマ大統領より賞状とメダルを贈られる。

2011年10月 全日本少林寺気功協会は16回目少林寺での認定訪問で空相寺での達磨記念大会で貴賓として招待された。

2012年5月 歴史で初めて、日本武道団は少林寺、陳家溝で日中武道交流大会を主催した。その後少林寺で気功を教えた。

2012年5月28日 カナダ、トロントで第10回世界気功大会にて気功会に革命を起こした優秀気功師として受賞した。舞台で集団外気を披露し、ワークショップを行った。
国際武術連合よりゴールドメダルを贈られる。

2012年12月 世界中医学針養生大会で副大会長。論文発表予定である。

2013年9月21、22日 世界健康武道医療気功大会、大会長として主催。

お気軽にお問い合わせください。 TEL 03-6273-8889 電話受付時間:平日10:00~18:00

メールでお問い合わせはこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Copyright © 一般社団法人 全日本少林寺気功協会 All Rights Reserved.
Powerd by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.